痛みや腫れを軽減した親知らずの抜歯を行います

親知らず親知らずは最後に生えてくる1番奥の永久歯で、多くの場合10代後半から20代で生え始めます。近年はあごが細く、親知らずの生えるスペースが不足している人が増え、
「生えても一部だけが出ている」
「横に傾いている」
「完全に埋まったままになっている」

などの親知らずが増えてきています。

生え方によっては充分な歯磨きやケアができないため、むし歯になりやすく、周りの歯や歯ぐきに悪影響を与えて炎症も起こしやすくなります。また親知らずがむし歯になってしまった場合、一番奥の歯なので治療器具が届きにくく、その後のメンテナンスも難しいので治療をしても高確率で再発します。最悪の場合は、手前の健康な歯(7番)を巻き添えにしてむし歯にしてしまうこともあります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております