こんな場合は抜歯をおすすめします

口腔外科親知らずを抜歯した方がよいのは、中途半端に生えてきて歯の一部だけが見えてきている場合や横向きに生えてきている場合、骨の中に完全に埋まっているがレントゲン写真上問題がある場合、歯並びを悪くする恐れがある場合などです。

むし歯や歯周病になってからでは麻酔が効きにくいこともあり、また若い時の方が抜歯後の骨の回復がスムーズなため、問題がある場合は早めの抜歯をおすすめします。

抜いた方がいい?【親知らずの抜歯】
<親知らずを抜いた方がよい場合>
・むし歯がある
・炎症をくりかえしている
・痛みがひどい
・ほっぺたを咬んでしまう

<親知らずを残した方がいい場合>
・正常に生えている
・完全に埋まっていて問題がない
・手前の歯を失った場合
・歯牙移植を検討している場合

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております