将来を考えた予防に力を入れています

予防ではお口の中を診察し、歯の生え方や歯並びをチェックし、飲みこんでも大丈夫なフッ素を塗り、シーラントも行います。シーラントは、むし歯になる前に歯の溝の深い部分にプラスチック等の樹脂を流し込む処置です。溝の中に食べ物が残らずブラッシングもしやすくなるので、むし歯予防に有効です。

小学生の間は仕上げ磨きを仕上げ磨き
また仕上げ磨きは、小学生の間は続けてくださるようにお願いしています。お子さんがいやがる時も歯磨き後のチェックは続けてください。特に高学年の頃にはむし歯になりやすい「12歳臼歯」が生えてきますので注意してあげてください。

お子さんの歯ブラシチェックも忘れずに
歯ブラシが悪くなるのが早すぎる場合は、磨き方が強すぎる可能性があります。強く磨きすぎると歯ぐきを痛めて歯肉炎になることもあります。反対に歯ブラシがいつまでもキレイなままなのは歯磨きが足りないかもしれません。親子で一緒に歯磨きするなどをして、お子さんの歯磨きがちゃんとできているか確認してください。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております