むし歯の進行度

こんな症状に心当たりがありませんか。<むし歯の進行度チェック>

痛みはなく、歯の表面が白濁している、ざらつきがある(う蝕度0〜1度)C1
歯の表面を覆っているエナメル質がむし歯菌によって溶かされています。歯に小さな穴があいていますが、まだ象牙質に達していないため痛みはありません。
【治療】
できるだけ削らず、フッ素、シーラントなどを用いて再石灰化を促します。

冷たい物や甘い物を食べたときにしみる(う蝕度2度)C2
むし歯が象牙質に達しているため、冷たい物や甘い物がしみて歯にさわると痛みを感じます。
【治療】
むし歯の部分だけを慎重に削り、白いコンポジットレジンを詰めます。むし歯の範囲が広い場合は麻酔をかけてむし歯の部分を取り除き、詰め物や被せ物を作製して装着します。

激しい痛みを感じる(う蝕度3度)C3
むし歯菌がエナメル質と象牙質を溶かし、神経まで達した状態です。激しい痛みを感じることが多く、神経が壊死してしまった場合はウミがでたり歯ぐきが腫れたりします。
【治療】
歯髄近くまで進行したむし歯は、刺激により歯髄が炎症を起こしやすいので、歯髄を保存する処置を行います。それでもだめな場合は根管治療を行い、詰め物や被せ物を作成して装着します。症状によっては抜歯する場合もあります。

歯の根だけが残っている状態(う蝕度4度)C4
歯はほとんど無くなってしまい根だけ残っている状態です。痛みは少ないものの、むし歯菌が血管を通り、心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。
【治療】
抜歯する可能性は高いですが、治療できる歯質が残っていれば根管治療を行います。お口の中の状態によって、入れ歯やブリッジ、インプラントなどを検討します。

根管治療●根管治療(歯内療法)とは?
むし歯の治療の際、「細い金属の器具を、歯の根の内側に何度も差し入れては引き抜く」という工程を経験されたことはありませんか? これが根管治療(歯内療法)で、歯の中にある歯髄という組織に病気が生じた場合に行う歯科治療方法です。当院では、できるだけ歯を残し、むし歯の再発を防ぐために根管治療にも力を入れています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております