【知覚過敏】むし歯でなくても歯が痛いことがあります

知覚過敏歯の痛みは、むし歯とは限りません。知覚過敏や歯肉炎、歯周病、咬みあわせの負担、歯の破折などでも歯が痛いことがあります。いずれも正しい診断と早めの治療が必要ですから、痛みを感じたらぜひ早めの受診をしてください。

知覚過敏はさまざまな原因から起こります
知覚過敏は、熱い物や冷たい物、硬い物などを食べたときに、ズキッと歯が痛んだりしみたりする症状です。いくつかの原因が重なっていることが多いのですが、特に多いのが間違った磨き方(ブラッシング)です。いつも同じところから磨き始めていると、その部分の歯ぐきが下がり歯が摩耗してしまいます。余計な力を入れない上手な歯磨き方法を学び、同じところから磨かないように意識しましょう。

<こんな原因から知覚過敏が起こることがあります>
・歯ブラシが硬すぎる
・歯磨き方法が間違っている
・歯が摩耗している
・歯周病で歯ぐきがやせて根が露出している
・食いしばりや咬みしめなどで歯に細かいヒビが入っている

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております