院長自ら院内技工を手がけ、速やかに精密な補綴物をつくります

院内技工歯科医療の黎明期には、歯科医師自ら歯科技工を手がけることが一般的でした。しかし、歯科医療の進展に伴い分業化が進み、歯科技工は歯科技工士が担当することが増えています。そのため歯科技工に時間がかかったり、個々の患者さんに合わせたきめ細かい技工が難しくなっていることが指摘されています。

院長は、患者さんのお口の中や症例に合わせて精密な補綴物を作りたいと考え、院内に歯科技工室を作り、自らも歯科技工を手がけています。型取りした後も速やかに模型を作ることができ、通常の補綴物や入れ歯の修理などは機動的にその場で行うことができます。

実績豊富な歯科技工士とのハイレベルな連携を実現
難易度の高い補綴物やセラミック素材の人工歯は、専門生の高い歯科技工士に依頼しますが、歯科技工士の視点もよく理解しているので的確な指示を行うことができます。また歯科技工士との連携や、歯科技工から得られた気づきや学びを治療にフィードバックし、より高度で総合的な診療を心がけています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております