患者さんのご希望に沿った精密な院内技工を行います

院内技工

むし歯やインプラント、入れ歯などの歯科治療には、歯科技工が欠かせません。歯科医師には「歯科技工をよく理解し、信頼できる歯科技工士に的確な指示を出す」ことが求められます。

<当院の歯科技工>
・院長が自ら手がけます
・治療期間が短縮できます
・歯科技工士ともハイレベルな連携体制を組んでいます

院長自ら院内技工を手がけ、速やかに精密な補綴物をつくります

院内技工歯科医療の黎明期には、歯科医師自ら歯科技工を手がけることが一般的でした。しかし、歯科医療の進展に伴い分業化が進み、歯科技工は歯科技工士が担当することが増えています。そのため歯科技工に時間がかかったり、個々の患者さんに合わせたきめ細かい技工が難しくなっていることが指摘されています。

院長は、患者さんのお口の中や症例に合わせて精密な補綴物を作りたいと考え、院内に歯科技工室を作り、自らも歯科技工を手がけています。型取りした後も速やかに模型を作ることができ、通常の補綴物や入れ歯の修理などは機動的にその場で行うことができます。

実績豊富な歯科技工士とのハイレベルな連携を実現
難易度の高い補綴物やセラミック素材の人工歯は、専門生の高い歯科技工士に依頼しますが、歯科技工士の視点もよく理解しているので的確な指示を行うことができます。また歯科技工士との連携や、歯科技工から得られた気づきや学びを治療にフィードバックし、より高度で総合的な診療を心がけています。

患者さんに合わせた精密な技工で、自然で美しい口元を実現

院内技工当院では、お口を開けたときや笑ったときに自然に見えるように、歯肉(歯ぐき)のラインやボリュームのバランスなど、審美的な観点も盛り込んで治療計画をご提案します。

インプラントの上にかぶせる上部構造やセラミック素材の人工歯は、専門性の高い歯科技工士に依頼し、他の歯との色を合わせて自然な美しい形に整え、患者さん一人ひとりに最適なものをお作りしています。それにより、補綴物を装着したあとの調整もスムーズで、多くの患者さんに満足していただいています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております