さまざまな角度から、痛みを感じさせない治療を心がけています

痛みの少ない治療

どなたでも痛いのはイヤなものです。特に歯科治療の痛みは苦手という方が多いはずです。当院ではすべての治療において、できるだけ痛みを軽減する工夫をしています。

<当院の痛み対策>
・最初のチクッとした痛みをやわらげます
・緊張や先入観をなくす工夫をしています
・声かけなどコミュニケーションも大切にします

痛みをより強く感じさせる緊張や先入観を払拭することから始めています

痛みの少ない治療過去に痛い思いをされた方や"恐がり"の方は、金属音が聞こえたり目の前に鋭い針やドリルのようなものがあると、それだけで緊張されてしまいます。実はこうした緊張感や「痛い」「怖い」という先入観が、痛みを実際以上に強く感じさせてしまうのです。

患者さんの不安を取り除くことが、
痛みの少ない治療の第一歩

そこで当院では、できるだけ不安を感じることがないように診療チェアの角度にも気を配るなど、リラックスして治療を受けていただけるようにしています。治療器具の振動にも気をつけ、静かにていねいに治療することで痛みを感じにくくするよう工夫しています。痛みの少ない治療を経験していただくことによって、「痛い」「怖い」というイメージを払拭していただきたいと願っています。

麻酔注射の痛みを感じさせません

痛みの少ない治療多くの患者さんが苦手なのが、麻酔注射をするときの「チクッ」とした痛みです。当院では麻酔注射の前に「表面麻酔」を使用することにより、この「チクッ」とした痛みを軽減します。表面麻酔は塗り薬のように患部に直接塗ることで皮膚や粘膜の近くを麻痺させ、麻酔針を注入する際の痛みをある程度減らすことができます。

できるだけ削らない治療で、痛みや不快感などの負担を軽減します

痛みの少ない治療当院ではすべての治療において、できる限り痛みを軽減することを心がけています。従来のむし歯治療では、金属素材の詰め物をぴったり詰めるスペースを確保するために、歯を患部より大きく削る必要がありました。しかし、現在では詰め物の素材や接着剤の質も向上し、患部だけを削り取ることで詰め物を装着することができるようになりました。

当院では、痛みを軽減するために高品質の素材や材料を活用することにより、できるかぎり痛みと負担が少なく、かつ歯を削らない治療を実現しています。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております